instagram page
instagram page
facebook page
facebook page

わら細工  Straw work

わら細工職人、安田政敏さんの作品をご紹介するページです。

 

鎌倉のアトリエショップにお越しいただき、わら細工の実演をしてくださった事があります。

ご興味のある方は、直接安田政敏さんまでお問い合せくださいませ。

 

 

安田政敏

岐阜県在住、藁(わら)細工職人。

昭和30年代まで生活用具として使っていた様々な藁細工を復元しながら

藁細工の保存伝承活動を続けていらっしゃいます。

代表的な作品「いずみ(わらびつ)」は三つ星寿司店等で使われています。

 

お問い合わせはこちら↓

 

 English-speaking straw craftsman  Mr. Masatoshi Yasuda

 m.t.yasuda@minos.ocn.ne.jp  

 

 

Masatoshi  Yasuda

This tub with a lid is a masterpiece of traditional kitchen utensils.

It is made of rice straw and called "IZUMI" or "FUGO".

People transfer cooked rice into a SAWARA cypress tub, then put this tub into a rice straw tub.

In a combination of a SAWARA cypress tub and a rice straw tub, cooked rice is kept warm from morning till noon due to their self-insulating properties.

An electric jar has the same function, but the cooked rice becomes sticky.

And on the other hand, they absorb and release excess moisture from the cooked rice.  So that people can preserve the cooked rice's ideal texture and flavor.

These were developed over a long period from the experience of the people in their everyday lives.

 

 

For further information, feel to contact to;

Mr. Masatoshi Yasuda

Transmitter of Japanese culture

English-speaking straw craftsman

Phone : 0584-89-3724

E-mail : m.t.yasuda@minos.ocn.ne.jp

 

 

 

 

 

猫いずみ(製作中)

 

貴重な写真です。底から上に立ち上げて作っていくのですね。

 

 

 

猫いずみ(完成品)

 

猫いずみは、わらで編んだ猫の寝床です。冬は暖かく、夏は涼しいので

もともと狭いところが好きな猫は好んで入るそうです。

 

 

 

 

 

Work shop

2010  たまごのつと ワークショップ にて

 

 「つと」は、たまごを持ち運ぶための知恵が詰まった、藁細工です。

 ゆで卵を使って、安田さんに包み方を教えていただきました。